猛毒の“ネコ毛虫”、米国で大発生か - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

フロリダ大学の昆虫学者ドン・ホール(Don Hall)氏によると、プス・キャタピラーという名前は可愛らしいネコ(puss)に似ていることからついたものだ。一見、柔らかそうに見えるが、外側のふさふさした毛の下には猛毒を持つ小さなトゲが隠れていて、これが人の皮膚に突き刺さる。


これがネコ毛虫か?人の頭髪のような『毛虫』がアマゾンで発見される - 秒刊SUNDAY

毛虫とはまさに毛をまとった少し気持ちの悪い生き物ですが、やはり地球はヤバい。アマゾンにはとんでもない毛虫がおり、なんと人の頭髪に近いのだと言う。しかも色は黄金で、アメリカでは有名な「ドナルドトランプ」という実業家の頭髪にそっくりだと話題になっております。