米FDA メラノーマ治療薬・Keytrudaを承認 米国では初の抗PD-1抗体に - ミクスOnline

米食品医薬品局(FDA)は9月4日、米国では初めての承認となる抗PD-1抗体製剤のKeytruda(製品名:pembrolizmab、ペンブロリズマブ)を進行もしくは切除不能の悪性黒色腫(メラノーマ)治療薬の適応で承認した。Pembrolizmabは、腫瘍に対する免疫システムの活性を抑制 ...


シミががん化も 見逃すな、皮膚からの警告 - 日本経済新聞

皮膚がんの3つのタイプのうち、罹患率は低いが悪性度が高いのはメラノーマ(悪性黒色腫)だ。日本人では、発症しても日焼けとは無関係で足にできるタイプが多かったというが、最近では日焼けが原因の例も報告されるようになった。 メラノーマには、左右非対称で境界の不鮮明 ...


がん免疫薬、米で承認 メルク - 日本経済新聞

【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬大手メルクは4日、免疫の働きを使ってがんを治療する抗PD―1抗体薬が悪性黒色腫(メラノーマ)への適応で米食品医薬品局(FDA)の承認を受けたと発表した。商品名は「キートルーダ」(一般名ペンブロリズマブ)。異なる種類のがんへの適応 ...


ブリストルと小野薬品がメルクを提訴、「PD-1阻害剤の特許侵害」 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

ブリストルと小野薬品がデラウェア州の連邦裁判所に訴訟を提起したのと同じ日に、メルクは切除不能あるいは転移性の悪性黒色腫(メラノーマ)の治療薬として米食品医薬品局(FDA)からキートルーダの販売が承認された。 この特許侵害訴訟は、がん免疫療法をめぐり生まれ ...


米メルクのガン免疫治療薬、FDAが承認の公算=関係筋 - ロイター

... [ロサンゼルス 25日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は、10月下旬の期限よりもかなり早い時期に、米メルク(MRK.N: 株価, 企業情報, レポート)の「ペンブロリズマブ(pembrolizumab)」を皮膚がんの一種であるメラノーマ(黒色腫)向けの免疫治療薬として承認する可能性 ...


岐阜大学 皮膚科医 佐藤三佳氏 - 岐阜新聞

今回は皮膚がんの中で最も悪性度が高く、転移しやすい腫瘍として知られている「悪性黒色腫(メラノーマ)」という病気についてお話しします。“ほくろのがん”として聞いたことがある方もいるかもしれません。日本での推定発生患者数は、年間1500~2000人と言われていますが、 ...


「重粒子線」初公開 県立がんセンターで - カナロコ(神奈川新聞)

手術が難しい骨の腫瘍(骨肉腫)や、メラノーマ(悪性黒色腫)などへの治療効果が期待される。従来の放射線治療に比べ周辺の正常な細胞への影響が抑えられるとともに、がん細胞に対する強い殺傷能力で治療日数を減らせるのも特徴だ。 がんセンター病院棟の隣接地に建設 ...


操縦士と客室乗務員、皮膚がんの発症リスク2倍 研究 - AFPBB News

計26万6000人以上のデータが含まれる19件の研究を分析した結果、皮膚がんの一種であるメラノーマ(黒色腫)の発症率は、操縦士で2.21から2.22倍、客室乗務員で2.09倍と、一般における発症率に比べて2倍以上だった。 論文の著者によると、発症率の高さの原因は、高度を ...


独メルクセローノ mMCC対象の第2相臨床試験を開始 - QLifePro医療ニュース

こちらの試験では、590名の患者組み入れが目標で、現時点で422名の登録があるという。試験の拡大コホートでは、現在、去勢抵抗性前立腺がん、大腸がん、胃がん/胃食道がん、メラノーマ、転移性乳がん、非小細胞肺がん、卵巣がんの7種類のがんを対象としている。


希少がんセンター、診療科の枠超え協力 治療と研究を推進 - MSN産経ニュース

対象は、罹患(りかん)率(10万人当たりの年間患者発生数)が6未満のがんで、軟部肉腫や骨肉腫、脳腫瘍、メラノーマ、小児がんなどが含まれる。 これら希少がんは、「5大がん」と呼ばれる胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、前立腺がんと比べると、罹患率が数十分の一~数 ...


【World Topics】薬剤の過剰投与という虐待 - ミクスOnline

米国では、長期療養・介護施設での高齢者への抗精神病薬の過剰投与が問題となっている。メディアに大きく取り上げられる契機となったのは、2013年11月、米国司法省をして「米国の医療史上最大の不正事件のひとつ」と言わしめたジョンソン&ジョンソン(J&J)社およびその ...


がん・ステージ4を生きる:笑顔で過ごしたい/5 「最善最良」の治療、見極めて 勝俣範之医師に聞く - 毎日新聞

近年、ステージ4で特に治療成績が上がったのが、乳がん、腎臓がん、皮膚がんの一種の悪性黒色腫(メラノーマ)など。分子標的治療薬の開発が進み、生存期間を延ばしました。従来のタイプの抗がん剤も良い薬が増えていて、特にステージ4の大腸がんも、ここ10年でかなり ...


夏のお出かけもこれで安心!お出かけ前・中・後に飲みたい飲み物3つ - マイナビニュース

また、アセロラに含まれる「アセロラポリフェノール」は、強い抗酸化作用があるのはもちろん、株式会社ニチレイスーコの研究によれば、アセロラポリフェノールには、メラニン色素を生成するチロシナーゼの活性を抑える効果、メラサイトに存在するメラニンを作るメラノーマ細胞中の ...


異業種から医療分野へエボラ薬開発の富士フイルムにみる大企業の成長戦略 - 時事通信

医療業界への参入は、電機メーカーにとどまらない。ビール大手キリンホールディングスも、傘下企業が、がんや肝臓病、高血圧などの治療薬を製造する。また、医薬総合研究所を持つ日本たばこ産業は、独自の抗HIV薬や、皮膚がんの一種であるメラノーマの治療薬を米国など ...